銀座のキャバクラの特徴とは

どうせキャバクラ嬢として働くなら銀座で、そんな風に憧れを抱き、一花咲かせたいと考えている女性も多いかもしれません。
良い心意気ですし、エリアの狙い目としてもとても素晴らしい。

銀座は、イメージよりも働きやすいエリアと言えるでしょう。
高級店も多く非常にハイレベルのキャバクラ嬢もたくさんいますが、一方で、キャバクラ然としているというか、夜のお店で働くことが初めての女性もちゃんと迎え入れてくれる雰囲気のあるお店も少なくありません。

働きやすいエリアであるもう1つの理由は、「ちゃんとしたお店」が多いこと。
いわゆる悪質なお店が極端に少なく、働いて損をすることがほとんどないんです。

求人は「銀座 キャバクラ求人」で検索してみると、すぐに見つけることができます。
常に10件以上のお店が女性を探していますから、お店が見つからずに苦労してしまうなんてこともないでしょう。

  まずは体験入店で働いてみよう

他のエリアよりも店内が豪華であったり、和の雰囲気を演出しているお店もたくさんあります。
キャバクラというと豪華なドレスを着ているイメージがあるかもしれませんが、和装で接客をするお店もちょこちょことあるんです。
これも銀座というエリアの特徴ですね。

  銀座のキャバクラにくる客層の特徴
  銀座のキャバクラはどのくらい稼げる?

  銀座の夜のお店で生き抜くポイント

「銀座 キャバクラ求人」で検索すればキャバクラ嬢を募集しているお店はすぐに見つけられますが、大事なのは自分に合ったお店を探し出すこと。

高級店が性に合う人もいれば、合わない人もいるでしょう。
ハイレベルな女性が揃うお店にいきなり飛び込んでしまうと、その中での競争に勝っていけずに辞めたくなってしまうこともあるかもしれません。

多くの女性が憧れを抱く銀座という街です。
キャバクラ嬢にとっても働きやすいエリアではあるのですが、それは自分に合ったお店を選ぶからこそ言えることなんですね。

もし本当にこの街で一花咲かせたいと考えているのであれば、敢えて高級店やハイレベルのキャバクラ嬢が揃うお店の門を叩いてみるのもいいでしょう。
レベルの高い人と一緒にいれば、自分も自然とレベルアップすることができます。
こうした選択ができるのも、銀座というエリアのいいところなのではないでしょうか。

もちろん、最初は銀座の中でもカジュアル系のお店で働き経験を積み上げ、そこから有名店などへと移って自分の実力を試すという働き方もアリ。
それも全て自分の考え方次第ですし、どの程度本気でキャバクラ嬢として働こうと思っているのかによって変わってくるのかもしれません。

  銀座のキャバクラで働くメリットって?
  銀座のキャバクラで働くデメリットって?


銀座の高級キャバクラで働くキャバ嬢の1日

キャバクラとクラブの違いを知っておこう

  お店に関する違いのあれこれ

銀座の夜のお店で働こうと考えたとき、「そういえばキャバクラとクラブってどう違うの?」という疑問が浮かぶことがあるかもしれません。
実際に、いろいろと銀座の夜の街の特徴や求人をチェックしながらそう思った女性も多いのではないでしょうか。

どちらも風俗営業に該当し、その中でも2号営業という分類にあたります。
なんて言ってもちょっと難しいですし、経営者ならともかくアルバイトなどで働く人はこうした相違点に関して知っておかなければならない義務もないので、もう少し違った視点で考えてみましょう。

まず注目したいのが料金体系。
キャバクラは時間制を採用しているところがほとんどで、60分いくらといった形で利用時間(帯)ごとに料金を設定しています。
銀座のキャバクラもそういうところが多いです。

一方のクラブは、テーブルやホステスのチャージ、そしてボトルキープに料金がかかるスタイルが一般的。

銀座のクラブは会員制のところも多く、紹介がないと入れないお店もちらほらあります。
ここも銀座のキャバクラと違うところですね。

また、クラブには「ママ」と呼ばれる存在がいて、その女性を中心にお店がブランド価値を高めています。
これもキャバクラには見られない特徴の一つ。

細かいことを挙げればキリがないですけど、両者にはこんなところに違いがあります。

  向いているのはキャバ嬢?それともホステス?

銀座のクラブは非常に高級なところも多く、働いている女性の年齢層も若干高めです。
店内の雰囲気も落ち着いていて、着物を着て接客するようなお店も少なくありません。
銀座のキャバクラは、若い女性もたくさん働いています。

ドレスを身に纏って明るい雰囲気で接客をするお店も多く、料金体系は他の地域と比べると高めですし、派手さや高級感も銀座ならではのものがありますが、キャバクラの方がクラブと比べると働きやすさを感じることができるでしょう。

もちろん、これは自分との相性の問題。
年齢が若くてもクラブのような落ち着いた雰囲気が性に合っている人もいるはずです。
ここで挙げたキャバクラとクラブの違いをしっかりと把握して、自分にはキャバ嬢とホステスのどちらが合っているのかをしっかりと考えてから働く場所を探してみてください。

主に男性のお客様の対応をして、いろいろな話をしながらお酒を飲みつつその場を盛り上げ、その男性のお客様を満足させるお仕事であることは両方に共通しています。

この点だけで見れば大きな相違点はありません。
お店ごとに異なる点もありますから、それも見極めた上で応募先を決めてみましょう。

【 キャバクラとクラブの違いまとめ 】

・キャバクラの料金体系は時間制を採用しているところが多い。
・キャバクラは若い女性が働いている。
・キャバクラはクラブにくらべ働きやすさを感じる。
・クラブの料金体系はテーブル、ホステス、ボトルキープに料金がかかるところが多い。
・クラブは会員制が多い。
・クラブには「ママ」と呼ばれる存在がいる。
・クラブは働いている年齢層が高め。
・クラブは着物を着て接客するお店も多い。